剣道具 小手

剣道具 小手を選ぶ際の注意点

剣道具の中で、そこまでこだわる必要がないのが小手の部分です。
消耗品とも言われており、
割と適当につけている人も多いので、
安いものをつけていてもそれほどまわりも気にしません。

 

 

小手の良いものとしては、
最初から握った時の形で作られている小手があります。
通常の小手は、開いた状態なので、
竹刀を握った時に少し抵抗がかかります。

 

 

 

しかし、最初から握った状態の小手は、
竹刀を握った時に抵抗が少なく、すんなり握ることができます。
小手にもこだわってみたいという人は、
そういったものを選んでみても良いでしょう。

 

 

 

初心者が選ぶ際に注意すると良い点としては、
小手は厚いものを選んだ方が良いという点です。
割と打たれやすい部分ですし、
打たれた時に結構痛い部分でもあります。

 

 

 

手を怪我すると、剣道が一気にやりにくくなってしまいますし、
防御力重視で購入した方が良い部分だと言えるでしょう。
また、一応握りやすさも小手の重要な要素ではあります。

 

 

 

サイズなどが合っておらず、握りにくい小手を選ばないように、
ある程度自分の手のサイズに合った小手を選んだ方が良いと言えるでしょう。

 

 

 

特に小さい小手は無理な力がかかって壊れやすくなるとされているので、注意してください。
それと、小手は2つ持っておいて、交代で使った方が良いとされています。
交代で使った方が、痛む速さが遅くてすみ、
長期的にみれば節約になることも多いです。

 

 

 

小手は壊れやすいので、壊れて修理に出している間、
もう一つがあるので大丈夫な点も2つ持っていると安心な点だと言えます。

 

 

↓↓↓
剣道具アウトレット商品をお探しの方は お早めに


 

 

剣道具 激安通販TOPページへ戻る


住宅ローン金利変動