剣道具 胴

剣道具の胴の部分について

剣道具の胴の部分は、割と高いものから安いものまであります。
大きな違いとしては、ファイバー胴やヤマト胴、樹脂胴など、化学繊維などを使用したものか、
本格的な竹胴かという違いがあります。

 

 

化学繊維などを利用したものは、軽くて丈夫というメリットがありますが、
竹胴ほどは衝撃吸収力に優れていないので、打たれると結構衝撃が来ます。
竹胴は、竹が実際に胴の部分に入れてあり、衝撃吸収度はかなり高いものとなっています。

 

 

 

しかし、竹胴は値段が高いことから、
上位の段位の人や、上達した人意外はあまりつけないことも多いです。
目安としては、4段くらいからは、
本来の竹胴をつけるようにすると良いと言われています。

 

 

 

また、胴はサイズ合わせをちゃんとする必要がある剣道具の一つでもあります。
胴の部分が大きすぎると、
うまく竹刀を構えることができないですし、
小さすぎると苦しく動きにくいです。

 

 

 

長さは腰骨の少し下くらいが良いとされており、
横幅に関しては、指が入るくらいは余裕を持たせておくと良いとされています。

 

 

子供の場合には、すぐに成長してしまうので
ある程度大きなものを買っても良いですが、
腕に当たるほど横幅は広くないものを買わないと、
腕が当たってうまく竹刀がふれないという弊害が出てしまいます。

 

 

 

胴に関しては、以上のような点に気をつけて購入するようにすれば、
その他の細かい部分は使ううちに慣れてしまう要素なので、
気にする必要がないと言えるでしょう。

 

 

↓↓↓
剣道具アウトレット商品をお探しの方は お早めに


 

 

剣道具 激安通販TOPページへ戻る


住宅ローン金利変動